ドライアイとレーシックの関連性

ドライアイとレーシックの関連性


ドライアイとレーシックの関連性
レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人はレーシックのクリニックでいろいろと相談をしてみるようにしましょう。

ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックは角膜を削っていくことになりますが、角膜には眼の水分を調節する神経が沢山あることからレーシック後にドライアイとなってしまうことがあるのです。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人も適性検査をクリアすることでレーシックを受けることが出来ます。





ドライアイとレーシックの関連性ブログ:10月22日

人の身体の半分以上は水分からできています。
そのため、食べる事で摂る水分以外に、
新陳代謝や老廃物を排出させる、便秘を予防するなどの働きのためにも、
日々、
1.5~2リットル程度の水分を意識的に摂る必要があるんです。

「水太り」という言葉があるように、
水を飲むと太るのではないかと思っている人もいるでしょうが、
0カロリーである水を摂取して太るということは、まずあり得ません。

もし、水を飲むと太るということがあれば、
それは、何らかの原因で、水分の代謝が上手く行われずに、
身体の中に水分が溜まっていることを意味します。

腎臓に疾患があるというような場合なら別ですが、
特に病気であるわけではなく、
水太りのような気がする場合は、その原因の一つに、
もしかしたら、塩分の取りすぎということがあるのかもしれませんね。

なので、
日々の食べる事内容を振り返って、
塩分の多い食べる事をしていると思ったら、
改善する必要がありますよ。

水分の代謝をよくするものに、カリウムという成分があります。

カリウムは利尿作用を持ち、
身体の中の塩分と一緒になって、
尿や汗として排出させるという優れた働きがあります。
カリウムは海藻、豆類、乾物に多く含まれていますよ。

塩分の取りすぎ以外にも
午前中、顔がむくんでいたり、
夕方になると、
足がむくんでしまうという人っていますよね。

こうした場合は利尿作用のある食材を意識的に摂る、
積極的に身体を動かして汗をかくというように、
水分を身体から排出させる必要があります。

利尿作用の高い食材で代表的なものには、
スイカやきゅうり、レタス、とうもろこし、とうがん、柿などが挙げられます。

また、身体の水分を排出させるような運動には、
ウォーキングや水泳のような有酸素運動が適しています。
ドライアイとレーシックの関連性

ドライアイとレーシックの関連性

★メニュー

レーシックでのリスクを理解しておこう
レーシックで乱視の治療も可能
交通費を補助してくれるクリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない
保証制度の有無を確認しよう
レーシックの前には適性検査
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
口コミサイトを活用してクリニック選び
ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)話題沸騰のレーシック情報NAVI