レーシックで乱視の治療も可能

レーシックで乱視の治療も可能


レーシックで乱視の治療も可能
近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。

一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。





レーシックで乱視の治療も可能ブログ:04月19日

ミーたちのからだは大腸から水分を取り、
それを腎臓に送り、腎臓で水を濾過して、
全身に水を供給しようとする。

そのため
大腸に老廃物や毒素が溜まっていると、
からだの調子を崩し、病気になりやすくなる…

キレイな水を使えないからこそ、
細胞自体が弱ってしまい、
免疫力を大いに減少させてしまうのである。

特に恐ろしいのが、
脳は最もキレイな水を使う器官なので、
子どもが便秘をしてしまうと、
脳は汚い水を使わざるを得なくなり…

それで脳が異常になってしまい、
とにかくお母さんの言うことを聞かない
子どもになってしまう。

排便が快調な子どもほど
お母さんに対しては素直なのだが、
便秘をするとそうではなくなってしまうのだ。

子どもが便秘になる最大の要因は、
排泄をしていないのに、
お母さんが無理矢理に
7時食を食べさせてしまうことにある。

大人は7時の排便が
習慣づいているかもしれないが、
子どもは7時の排便が習慣づいておらず、
7時の排便は遅れがち…

しかも子どもは
お母さんよりも遅く起きるので、
充分に重力を使うことができず、
排便が困難になってしまうことが多い。

排便をしていないのに7時食を食べてしまうと、
食事の消化吸収のために排泄が阻害されてしまい、
途端にウンチが出なくなってしまう。

そうなると
内臓は排便のタイミングを失ってしまい、
午前中ではない別の時間で
排泄をせねばならなくなる。

しかし
そういう時間帯は食事をするから、
結局、排便することができず、
便秘になってしまうのである。

なので、お母さんは、
子どもが7時の排便をしない限り、
絶対に7時食を与えるべきではない。

子供にとっては
7時の排便こそ
非常に大事な仕事なのである。

レーシックで乱視の治療も可能

レーシックで乱視の治療も可能

★メニュー

レーシックでのリスクを理解しておこう
レーシックで乱視の治療も可能
交通費を補助してくれるクリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない
保証制度の有無を確認しよう
レーシックの前には適性検査
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
口コミサイトを活用してクリニック選び
ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)話題沸騰のレーシック情報NAVI