レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシックでのリスクを理解しておこう


レーシックでのリスクを理解しておこう
レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。





レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:04月23日

あしが太い原因には、
3つのタイプがあるみたいですよ。

自分のあしのタイプがわかる事で、
あしやせの対処法も変わってきます。

例えば…
筋肉太りの方が、
脂肪太りの方向けのシェイプアップをしても
効果がでないのは当然ですもんね。

あしが太いタイプの特徴と対策を少し紹介しますので、
是非参考にしてくださいね。

まずは脂肪太り。
セルライトが多く、大腿部をつまむと、肉厚である。
大腿部に力を入れても脂肪がつまめる…
これが脂肪太りの特徴です。

脂肪というのは、
あしの中で最も大腿部につきやすく、
一度つくと簡単には取れません。

脂肪太りの原因は、
油ものによるカロリーの過剰摂取などです。

対策としては、食べ過ぎに注意し、トレーニングし、
大腿部を動かす事を心掛けましょう。

次は、筋肉太り。
昔スポーツしていた、筋肉質なのに力が弱い。
力を入れても筋肉が動かない…これが筋肉太りの特徴です。

対策としては、やはりトレーニングですね。
筋肉は使わないと萎縮してしまいます。
基礎代謝が下がってしまう前に、トレーニングするのが効果的なのです。
ハードなトレーニングではなく、ウォーキングやストレッチなどがお勧め!

最後に、水太り。
指で押すと、押した跡が消えにくい。
夕になるとあしがむくむ、
大腿部がだるい…これが水太りの特徴です。

水太りというのは、女性に最も多いタイプです。
女性は、男性より筋肉が少なく、リンパの流れが滞りやすいのです。
結果、老廃物が溜まり水太りであしが太くなるわけです。

対策としては、
半身浴をしながらリンパのマッサージや
お風呂上りのストレッチなどが良いでしょう。

レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシックでのリスクを理解しておこう

★メニュー

レーシックでのリスクを理解しておこう
レーシックで乱視の治療も可能
交通費を補助してくれるクリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない
保証制度の有無を確認しよう
レーシックの前には適性検査
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
口コミサイトを活用してクリニック選び
ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)話題沸騰のレーシック情報NAVI