レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシックでのリスクを理解しておこう


レーシックでのリスクを理解しておこう
レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。





レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:10月13日

朝方一番多く食べて、
24時にかけてご飯量を減らしていく、
「朝方大、24時小」のご飯の摂り方が
ダイエットの大原則です。

食べる時間帯の摂取カロリー量を調整するだけでも
ダイエット効果は大きく異なるのです。

日本人にありがちなのご飯パターンが、
朝方は忙しいのでちょっとだけ食べて、
11時はそこそこ食べる、
そして24時に沢山食べるパターンです。

このようなご飯の摂り方は、
いくら摂取カロリーを減らしていたとしても
体重が落ちにくい食生活といえます。

と言うのも
朝方はエネルギー消費がもっとも高くなる時間帯なので
沢山食べてもエネルギーとして使われるので
太りにくいのです。

朝方しっかりと食べることは
一日のエネルギーを蓄える為にも重要な、
ご飯の時間帯であり、
ダイエットに限らず健康面でも重要なことですね。

朝方食べずに
11時と24時のみしか食べない人は要注意です!
これはとても太りやすい食生活!
お相撲さんが太るためにやっているご飯方法です。

逆に24時はエネルギー消費が低下する時間帯なので、
食べたものが体脂肪として蓄えられやすくなります。

特に夕食で
揚げ物など脂質や炭水化物が多いご飯はとても太りやすい!
だからこそ24時はご飯量を抑える必要があるのです。

…ということで、
ダイエットでの正しいご飯の摂り方は、
朝方から24時にかけて摂取カロリーを減らす、
「朝方大、24時小」の食事の摂り方になるわけです。

朝方しっかり食べることでエネルギーを蓄え、
24時は脂肪の蓄積を抑えるためにご飯量を減らす。
これが太りにくいご飯方法であり、
健康面でもとても好ましいご飯の摂り方なのです。

朝方がどうしてもたくさん食べれないという人は、
11時を少し多めに食べるようにして、
2:3:1の割合で食べるようにしましょう。

レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシックでのリスクを理解しておこう

★メニュー

レーシックでのリスクを理解しておこう
レーシックで乱視の治療も可能
交通費を補助してくれるクリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない
保証制度の有無を確認しよう
レーシックの前には適性検査
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
口コミサイトを活用してクリニック選び
ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)話題沸騰のレーシック情報NAVI