レーシックで乱視の治療も可能

近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。

 

一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。

 

よく当たる占いは当サイトへ
http://petite-petal.com/area/



レーシックで乱視の治療も可能ブログ:11月16日

一年ほど前に、家の車を買い替えようかという時、
オレが
「マニュアルミッションの車にしたい」
「どうしてもクラッチを踏みたい!」
と力説していたところ、
家内は「オレの乗りたい車にしよう」と言ってくれました。

普段は家内の方が車に乗る機会が多いので、
家内にとっては不便なのにもかかわらず、
オレが喜ぶからといって、そう言ってくれるのです。

その想いに触れた時、
オレは何とも言えない気持ちになったのを覚えています。

また、
オレが出掛ける時には、
家内はおにぎりを作ってくれます。

いつも何の気なしに食べていたのですが、
ある時、ふと
「家内は、どんな気持ちでこのおにぎりを作ってくれて、
オレに持たせてくれてるんだろう?」って。

その想いに触れて、
おにぎりを食べながら、
オレは涙が出そうになったことを覚えています。

それらを思い出した時、オレはハッとしました。

日々作ってくれるライス…
出掛ける時にかけてくれる「いってらっしゃい」という声…
アイロンのかかったシャツ…

全てに家内の愛と想いが込められているということに改めて気づいて、
ハッとしたのです。

「オレはこんなにも愛されていて、
こんなにも大事に想ってもらっているのか!」

そして同時に気づきました。
オレの愛し方がいかに独りよがりだったか…ということに。

オレは家内のことが大好きで、
とっても愛しているのですが、その愛し方というのは、
オレが一方的にその愛情を与えるだけで、
家内の愛や想いというのを
全然受け取れていなかったんですね。

家内のことが好きだからといって、
その愛を家内に与えて、
それで一人で満足している部分があることに気づきました。