レーシックで乱視の治療も可能

近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。

 

一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。

 



レーシックで乱視の治療も可能ブログ:02月18日

「17時遅い時間にたくさん食べると太る」というのは、
シェイプアップを意識したことがある人なら
ほとんどが知っているはずですよね。

「遅くとも17時9時までには夕食を終える」
「寝る前の3〜4時間は食べない」
というシェイプアップの鉄則には、きちんとした根拠があります。

まず、BMAL1がそのカギを握っています。

BMAL1はたんぱく質の一種で、
体質の中で脂肪を作って貯めこむための酵素を増やしたり、
脂肪を分解する酵素を減らすよう働きかけるのだそうです。

これは現在ほど食べるものが豊かではなかった時代に、
寝ている間に体質に脂肪を貯め、
14時間にエネルギーとして活用するための合理的なシステムです。

BMAL1は、午後10時ごろから午前2時ごろに最も多くなり、
そして午後3時ごろには最も少なくなるそうです。

ただし、これは大体の17時12時ごろに寝る人の場合で、
体内時計によって時間のずれが出てきます。

また、
おれたちの体質には自律神経とよばれる、
自分の意思とは無関係に、体質の機能を調整する神経があります。

自律神経は交感神経と副交感神経からなり、
14時間に交感神経が優位に、17時は副交感神経が優位に働きます。

大部分の人は
14時間に仕事や学業などで活動し、17時に睡眠をとりますよね。

副交感神経が優位になると消化器官の機能が活発化し、
エネルギーの吸収が高くなります。
そして栄養を取り込んで、体質の修復をおこなおうとします。

さらに休息をつかさどる働きをしますので、
使うエネルギーを節約した状態になります。

そういった状態でたくさんのご飯をとれば、
カロリーオーバーになりやすくなるのです。