レーシックで乱視の治療も可能


レーシックで乱視の治療も可能ブログ:11月16日


「減量でガマンは禁物!」
この言葉は、今や減量の常識とも言えるくらいに
広く言われていることですし、ぼく自身もそう思います。

この理由として、
「ガマンしてストレスを抱えてしまうと、
 長期的に減量を続けることができない」
「ストレスが増えると、代謝が悪くなり痩せにくい肉体になったり、
 過食と言う反動に出ることもある」
などが挙げられ、
「ガマン=ストレス」という図式が根底にあるわけです。

でも
本当に「ガマン=ストレス」なのでしょうか?
これは「思い込み」だと思うんですが…

「ストレスにならないガマンなんてありえない」
皆様、そう思われると思います。

そりゃ、疲れた肉体や心に鞭打つような減量では
長続きしないし効果も限定的です。

そうではなく、ガマンを楽しめば良いと思うんです。
そのためには、ガマンをゲーム化してしまうのです。

例えば…
「夕食後のお菓子をガマンした」
ということをゲームにしてみると…

「お菓子を食べなかった」カレンダーを作り、
食べなかった日には花マルを付けましょう!

または、いつも使っている手帳やカレンダーの片隅に
こっそりガマンできた日にはマークをしておくのです。

もっとレベルを落としてもいいです。
板チョコを2個食べている人は1個に減らせたらマルで、
1個も食べない日には大きく花マルを書くとか…

こんな風に、
減量のちょっとした成功を記録するのです。
ゲームですから、できない日があっても全然OK!

ポジティブなガマンをして、
ノーストレスに減量を進めてみてはどうでしょう?

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜

アレキサンダーアンドサン
https://tenshoku-kyujin.jp/jobinfo-8154684

一条工務店は
http://www.ichijo-ku.co.jp/

セレブリティミレニアムは当サイトへ
http://www.best1cruise.com/user_data/tokusyu/cel_millennium.php

ワキガ治療 梅田
http://xn--mckb1rxba9372dwca668moghr2ada790x7xbd8bfa4081k.com

リージェントセブンシーズナビ
https://www.best1cruise.com/B/RGT/