最新老眼治療のモノビジョンレーシック

最近一定の効果を期待することの出来る最新技術のレーシックが登場し、非常に注目を集めています。
それがモノビジョンレーシックと呼ばれるもので、遠くと近くが見える目を矯正するレーシックの種類となります。

 

老眼鏡は「遠近両用メガネ」とも呼ばれているように、遠いところと近いところ両方見えるようにするためのメガネです。
モノビジョンレーシックはそれと同じ効果を人工的に手術によって実現することが出来るのです。
「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。 モノビジョンレーシックを行うことで、貴方の生活環境が大きく変わることでしょう。
メガネもコンタクトレンズも必要の無い、自然体な裸眼での生活はきっと幸せを感じることでしょう。

 



最新老眼治療のモノビジョンレーシックブログ:11月04日

オハヨーコーラス(*^д^)(*^д^)(*^д^)ォ'`ォ'`♪

みなさんは聞いたことがありませんか?
「トレーニングするのをやめたとたんに太っちゃったよ」
という元スポーツマンの言葉を…

そしてそのような人は、
スポーツマンではなかった人よりもむしろ太った人が多くいませんか?

この言葉にこそ、
筋力量を増やすことにより
基礎代謝をアップして痩せようとするダイエットに対する
問題点が明らかにされています。

それは、
「筋肉量はトレーニングを休むと減少する」ということです。

これは極めて常識的なことなのですが、
ことダイエットの話をするときだけはなぜか忘れられがちであり、
一旦ついた筋肉量はその後のトレーニングとは関係なく不変と思い込み、
つまり「一旦ついた筋肉はトレーニングをやめてもずっとついたまま」と
勘違いしている人があまりにも多いのです。

もちろん、
ずっと筋力を維持するために腕立て伏せや腕立て伏せといった
トレーニングを続けることができさえすれば、それはすばらしいことですが、
忙しい現代人に定期的にトレーニングする時間を確保することは、
結構難しいことですよね?

ここでのポイントはあくまで「定期的に」です。
なぜなら筋肉は定期的に刺激を与えないと低下するため、
自分の好きなときだけジムに行ってトレーニングをするスタイルでは、
その次にトレーニングを行う期間がある程度開いてしまうと、
その間に筋肉は低下してしまっているため、
筋力の維持ができてないのです。

ではなぜ、元スポーツマンはスポーツをやめると
スポーツを元々していなかった人より太るのでしょうか?

それはもちろん、食べ過ぎているからです。
食べすぎをどうにかしない限りは結局は太るのです。

この単純な理屈をしっかり理解しなければ、
ダイエットは上手くいかないと思います。

明日はいい日だ。がんばろ〜^^