矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。

 

後払い.com
http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/%E5%BE%8C%E6%89%95%E3%81%84.com%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88



矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:05月25日

ダイエットを頑張っている時こそ、
生理中に食欲がでたり…
体重の変化がなかったり…と気になりますよね。

女性はホルモンのバランスで
身体と心に変化がみられますので、
生理周期に合わせて上手に付き合っていきましょう。

まず、生理前の1週間は、
黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が高まりまって、
新陳代謝が低下するため、むくみやすく脂肪が落ちにくいので、
ダイエットを始めるのはやめておきましょう。

体重は減るどころか、1〜2キロ増えることもあり、
精神面ではイライラしたり不安定になったりなど、
不快な症状を感じやすくなります。

また、生理中の1週間も、
生理前と同様にやせにくい時期です。

健康的なダイエットは大丈夫ですが、
体重が減らないからといって
極端なご飯制限や激しいトレーニングをすると、
身体をこわすばかりでなく、リバウンドの恐れもあります。

生理中は無理をしないで、
身体にやさしい生活を心がけましょう。
血行が悪くなるので、
ストレッチやマッサージをするのもおすすめですよ。

そして、生理後の二週間は、
自律神経を活発にして、身体の調子を整え、気持ちを安定させる
卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が高まります。

新陳代謝もアップして、肌の調子も良くなり気分もスッキリ!
ダイエットを始めるいい時期ですね。

生理前は、
どうしても食欲が増えたり、
甘いスナック菓子が食べたくなりがち…

3食のご飯をしっかり食べることが大切ですが、
どうしても間食したくなったら我慢せずに、
一日100kcalを目安に間食しましょう。

生理中のダイエットは、
ストレスを溜めずにリラックスすることが一番大切ですよ。