レーシックの前には適性検査

レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

還暦祝い プレゼント 父
http://kanreki-oiwai-land.com/ranking/male/



レーシックの前には適性検査ブログ:11月09日

せっかくトレーニングをするなら、
無理なく、効率よく体質を鍛えられるとうれしいですよね。

さらに気持ちがよくて、楽しければもっといい…

そこでおすすめなのが、温水プールでのトレーニングなんです。

「プール=泳ぐ」と考えてしまいがちですが、
ただ水中で手足を動かしたり歩いたりするだけでも、
水の抵抗によって効果的なトレーニングになります。

しかも、水中では浮力が働くので
こしやヒザなどへの負担は軽く、
故障やケガのリスクは陸上よりも小さいんです。

快適な温度が保たれた温水プールで
ふわふわゆらゆらと体質を動かせば、
心身のリラックスも促されます。

水中では、
うでを前後に動かすような単純な動作でも、
体質にかかる水の抵抗を変えることで、
トレーニングの強度が調整できます。

水の抵抗は、動く速さの2乗に比例して大きくなり、
手の指を揃えてのばしたり、指の間を広げたりすることで
強弱を変化させることもできます。

つまり、トレーニングの強度を高めたければ、
スピーディに、抵抗が強くかかる方法で動けばよいのです。

水中では水圧が働き、
力のある人には強い負荷、弱い人には弱い負荷がかかるので、
体質に無理な力が加わることはありません。
これも水中トレーニングならではの利点です。

さらに、
水中でのウォーキングは効果的な有酸素トレーニングにもなるので、
簡単な水中トレーニングに慣れたら、
少しずつトライしてみるのもよいでしょう。

水中ウォーキングをするときも、
やはりあしの動かし方やうでの振り方で、
トレーニング量や鍛える場所を変えられますよ!

まずは、童心にもどって
水と戯れるように、
水中での簡単なトレーニングから始めてみてはいかがでしょうか?